安全な暮らしをする~害虫駆除は外注に任そう~

住宅に寄生する害獣

自宅に寄生する害獣と一言で言ってもわからない人も多いのではないでしょうか。 自宅に寄生する害獣という言葉ですぐに連想できそうなのがテレビのワイドショーでも頻繁に登場していることから高い知名度を持っており、そして高い繁殖能力から住宅街でも見かけることがあるネズミなのではないでしょうか。 ですが他にも様々な自宅に寄生する害獣が日本には存在します。 例えばアライグマも自宅に寄生する害獣の一種です。 あんな可愛い顔をしていてもアライグマは自宅に住み着いてしまった場合は害獣でしかありません。 何故かというとアライグマが自宅に巣を作った場合は、夜行性であることから住民が寝静まった深夜でも騒音を立てながら平気で暴れ周り、糞尿を天井裏に撒き散らします。 食事も天井で行うので非常に汚くなってしまうので困りものです。

他にもイタチやハクビシン、コウモリなどといった動物も自宅に寄生する害獣です。 そういった害獣は例外なく住宅にダメージを与える行動を行ってしまうので寄生されたことを確認したら素早く害獣駆除を行うことが大切です。 害獣駆除を行わず放置しておいた場合は最悪リフォームが必要になるほど住宅に酷い損害を与える場合があるのでご注意ください。 例えばイタチの場合は自宅に利用されている断熱材を利用して巣を作るので、自宅の保温機能が滅茶苦茶になってしまいますし、衛生的にも非常に不衛生になってしまいます。 これらの被害は害獣駆除を素早く依頼することによって抑止することができますので、住宅に害獣が寄生したのを確認したら速やかに害獣駆除を依頼をしましょう。