安全な暮らしをする~害虫駆除は外注に任そう~

たくさんの病源菌

鳥はインフルエンザでも知られているように、人間にとって有害なウイルスや菌を保有している存在です。住宅に鳩が棲みついたけれど、駆除するのは可哀想だから放置していた結果、小さな子供が肺炎に罹ってしまったと言うケースも珍しくありません。鳩が厄介なのはその生態系です。都会で暮らす鳩は人間に積極的に関わる事で餌を確保する個体も多い現状があります。医療施設や大型ショッピングモールで人々が鳩に餌を上げてしまうために、棲みつかれるケースも珍しくありません。鳩が特定の場所に巣を作っている場合、簡単に撤去できますが、特定の建物に現れる場合は個人が駆除するのは容易ではありません。駆除の専門業者に依頼して、鳩が近付けない空間を作り出すようにしましょう。

現在、広範囲に渡って鳩を駆除する方法として、有効性が高いのは「音」による駆除です。動物は人間とは聴覚が異なりますので、人間には聞こえないけれど鳩には聞こえる不快な音と言うものが存在しています。専門業者に害鳥駆除を依頼した場合、まずはこうした装置を取り付けてもらえる事もありますので、安心です。また「音」による駆除が有効に機能しなかった場合、広範囲に渡って鳩よけネットを掛けてもらうようにしましょう。物理的に害鳥を近付けないためには、こうしたネットを活用するのが最も効果的です。こうしたネットを掛ける事により、大型施設に集まる人々の意識も高まりますので、鳩に餌を上げる人が減るでしょう。人間の意識を変えるためにも駆除業者を頼って大規模駆除を考えるようにしましょう。