信頼を失墜させない

人間とは非常に気まぐれな生き物です。
例えば昨日まで愛用していた製品を、翌日になって全く別種のものに切り替わっている事があります。
理由は人それぞれであり身勝手と言えますが、企業はその結果に一喜一憂しています。
それが商品の魅力に関する事であれば、製品の改良でしか道が開けません。
しかし全ての人が商材の魅力だけで、使うものを決めているわけではないのです。
企業の対応に不満があるだけで、顧客が離れる理由になり得ます。
それも鋭意努力を続ける事が最優先事項です。
しかし企業の在り方を変えるだけで、アピールにつながる事があります。
例えば企業の持っているサーバーが、顧客の使うシステムと連動しているなら、法人向けプロバイダを活用する手段があります。

魅力

法人向けプロバイダの目的は、企業の使っているインターネットを安定させる事です。
企業の回線トラブルは家庭用回線のトラブルと比較になりません。
企業に関係している存在全てに波及します。
顧客が企業のトラブルに巻き込まれれば、使っているメーカーの製品に対して嫌気が差す事も当然です。
だから業務システムの安定性を向上できる会社用のプロバイダは、大小関わらず多くの企業に重用されています。
例えば物理的障害によって回線が断絶する事がありますが、回線の構成が冗長化されていれば通常通りの通信が可能です。
他に顧客が集中的にシステムへのアクセスを試みると、画面が遅くなる事があります。
それも回線速度の帯域保証サービスを活用する事で対処できるのです。

存在について

法人向けプロバイダのサービスは、会社の状況によって変動させる必要があります。
しかし変化にいちいち対応する事は手間です。
特に冗長化の構成などは工事が必要になる時もあります。
業務に支障を来さない事を目的にしているのに本末転倒です。
だから重要システムを抱えたサーバーマシンだけを、専用の施設に預けるサービスが人気になりました。
データセンターと呼ばれている施設で、回線速度の帯域保証や構成の冗長化についての心配は不要です。
重要なサーバーを預けても会社のプロバイダには配慮の必要があります。
なぜなら共有フォルダを用いる際にも、インターネット回線は使われているからです。
しかし顧客向けのシステムよりも、気を配る必要がなくなる事は大きいと言えます。

オススメリンク

変貌と進化

会社が仕事の受注を受ける時、用いられる手段は口頭によるもの、もしくは手紙の受け渡しでも可能ですが、人から人による流れである事に違いはありません。
その基本法則が乱れたのは電話が登場したか…Read more

関連リンク

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031